こんなのなかった!!格安レンタカーのご紹介


さよこの店 サーターアンダーギー

1.jpg石垣島で有名なアンダーギーやさんです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<sponsedlink>
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<sponsedlink>
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2.jpg
沖縄の有名なお菓子といえばちんすこうや黒糖などいろいろあります。
でも、沖縄のお菓子の中でも、家庭の味といえばやっぱり「アンダーギー」☆
沖縄の方言で「サーター」は砂糖、「アンダーギー」は「アンダ(油)」+「アギー(揚げ)」で「油揚げ」、揚げ物を意味します。
北京の名物菓子の「開口笑」と材料・作り方や、揚げ上がりに表面が割れる点が類似しているそうです。サーターアンダーギーはそれが変化したものと考えられています。

石垣で有名なアンダーギーのお店と言えば
やっぱり『さよこの店』ですね。
桟橋から公設市場方面に歩いて、八重山郵便局をこえて丸八そば方面に右に曲がる角にあります。
赤がわらの一般的な古民家がお店になっていて、曲がり角の入り口に小さい黄色い看板もあります。
キジムナーのイラストが印象的な外観なので、前を通るとすぐにわかると思います。
お店の窓ガラス一枚一枚に黄色いテープで「さ・よ・こ・の・店」と書いてある、外観も独特の味のあるお店☆

アンダーギーの種類は10種類近くあり、プレーン、バナナ、ドラゴンフルーツ、シナモン、ウコン、黒糖、ヨモギ、グァバ、紅芋、それからコーヒーなどもあるそうですが、その日、その時期によって種類は変わるようです。
また、出ていないものも声をかければ揚げたてを出してもらえる可能性があります。
揚げ上がりの時間は、したの写真を目安にしてくださいね。
こちらのアンダーギーは、おみやげやさんに売っている様な、油がじゅわ~っとしみだし、柔らかいものとは全く違っていて、
まわりはさっくり、中もバサついていなくて、油っこさがあまりない、本当においしいアンダーギーです。
また、甘さは控えめで小ぶりなので油っぽくもなくペロっと食べられてしまいます。
胸焼けもあまりしませんし、子どものおやつにも人気です。
ドラゴンフルーツやグァバ味などは、爽やかな香りがふわっとして柔らかい味でぜひ試していただきたい味です。
1つから買うことができるので、色んな味が楽しめます。
揚げたてのサータアンダギーを一つ45円で買えるのも嬉しいですね。
また、他店では通常紅芋の粉末タイプを使うところ、こちらは蒸かした紅芋を練りこむようで、割るとピンクや緑と鮮やかな色も風味も楽しめるようです。

アンダーギーは店内で食べる事ができますが、その際は飲み物も頼まなくてはいけません。
またアンダーギー以外にも、氷ぜんざい (300円)やかき氷、紅イモカーサムーチ (100円) など、
冷たいものも楽しめますよ(#^.^#)




3.jpg
さよこの店 (サヨコノミセ)

TEL 0980-83-6088

沖縄県石垣市字登野城170

営業時間 10:00~19:00

定休日 日曜日

<SPONSERDLINK>

さよこの店 サーターアンダーギーのトップへ