月の土地を買おう、火星、金星なども購入可能。



ここから商品の一覧を見れますよ。
月の土地購入 商品の一覧

以外に安く変えます。プレゼントに!

著名人などが月の土地を買ったという話は多く聞きますが、私たちのような一般人でも実は購入できます。

土地購入というと多額の資金が必要かと思いがちですが、実はおこづかい程度の金額で購入可能です。月の土地を買っていったいどうするのかという質問を受けそうですが、そこはロマンということに尽きます。

購入の際はネットショッピング感覚で購入可能で、土地の権利書も発行されます。

購入の単位はエーカーになっています。

<1エーカーはどのくらいの広さ??>

1エーカーは一辺 208.71フィート(63.61メートル)の正方形の面積に等しい。

私は自分用に1エーカーをファイルと所有カードのセットで購入し、1エーカーカード付きを贈り物にしました。


土地の購入に関しての法律、つまり所有権等はどのようになっているのかが気になりますが、それに関してはウィキペディアを参照します。

***ウィキペディア参照***

そもそもの発端は、アメリカ人のデニス・ホープ(ルナエンバシー・アメリカ本社CEO)が、「月は誰のものか?」という疑問から、所有権に関する法律を調べたところ、当時、宇宙に関する法律は宇宙条約(1967年発効)だけであった。この宇宙条約では、国家が所有することを禁止していたが、個人の所有に関しては書かれていなかった。

そこで、月の土地を取得すれば販売できるのではないかと考えたデニス・ホープは、1980年にサンフランシスコで月の所有権の申し立てたところ、この申し立てが受理された。さらに月の権利宣言書を作成し、国際連合、アメリカ合衆国およびソビエト連邦(当時)の各政府に提出したところ、宣言書に対する異議が無かったこと。これらのことを受けて、デニス・ホープはルナエンバシーを設立し、月の土地の販売を開始した。

月の土地は、ハリウッドスターをはじめ各国の資産家や著名人、日本でもインターネットやテレビでの報道を通じて購入した者もいる。こうした背景から、月に限らず、火星や金星などの土地の販売も始められた。なお、販売単位はエーカー。

*土地の販売に関して

月に関する所有権については、先述した宇宙条約のほかに、1984年に発効された月その他の天体における国家活動を律する協定(通称・月協定)がある。こちらでは月の表面や地下にある天然資源の所有について、「いかなる国家・機関・団体・個人にも所有されない」とされている。このため、ルナエンバシーが販売した土地の資源はたとえ、土地の権利者であっても利用できないことになるため、この月協定を批判している。

***ウィキペディアここまで***

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

月の土地WEB:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://iishima.com/moon/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。